ニュース

WBSで紹介の東京・板橋区の格安パンの鈴木ベーカリーってどこ?

WBSの3月29日(金)の放送で、「格安パン」の東京・板橋区にある老舗ベーカリーが紹介されました!

あまりの安さに、お客さんのほとんどが10個以上購入されるそうです( ゚Д゚)

どこのお店なのか、気になる情報を調べてみました!

WBSで紹介の東京・板橋区の格安パンの老舗ベーカリーってどこ?

WBS(ワールドビジネスサテライト)で紹介された、1個40円~購入できる格安パン屋さんですが、東京・板橋区徳丸にある老舗のパン屋「鈴木ベーカリー」さんです(*^-^*)

なんと創業60年の歴史あるベーカリーです!

ハンバーガーショップやレストラン、喫茶店、保育園や施設などへ業務用として卸売りをメインとされているパン屋さんです。

住宅街にあり、外観からはパン屋さんという感じではなく、中の工房は12坪くらいで、一見どこにでもあるようなパン工場といった雰囲気です。

広告

東京・板橋区の格安パンの鈴木ベーカリーさんの特徴は?

WBS(ワールドビジネスサテライト)の放送で、行列に並んでいたお客さんにインタビューをされていました!

「安くておいしいからたくさん食べられる」
「多い日は20から30人が並ぶ」
「1個40円~買えるのもある」
「普通なら150-200円くらいのものが80円」

食パンや、フランスパン、ロールパン、バンズなど定番はもちろん、くし付きの焼き鳥がそのまま入った「焼とりパン」や「ごまもち入りごまあんぱん」など変わったものも販売されているようです(#^.^#)

ユニークですよね♪

パン自体がおいしそうなので、何が入ってもおいしそう~(*^-^*)

鈴木ベーカリー代表の鈴木敬利さんはお店のパンの特徴を次のように語られています。

「今高級食パンとかはやっている。うちは毎日食べても飽きないパンを作っている」
「こだわりは保存料や乳化剤は一切使用しない事」
「歯ごたえの良いパンを目指している」

確かに、私達が毎日食べるものに求めるものは、飽きない味であり、体に良いものですよね!
それに、価格も高すぎるものは、続きませんし・・・(^-^;

卸が本業、飲食店から注文を受けて作って販売しているそうですが、卸先の飲食店さんも「お客さんからおいしいという声が大きいのでこれからもずっとお付き合いしたい」と話されていました。

私も、時々レストランやカフェなどで、とっても美味しいパンが出された時などには、どちらのお店のパンなのか尋ねたりすることあります!

鈴木ベーカリーさんが格安パンを販売できる理由はなぜ?


鈴木ベーカリーさんがこんなにも安くパンを販売できる理由が気になりますよね?

そのわけは、鈴木ベーカリーさんが卸がメインだというところにありました!

卸用のパン生地から販売用として少し分けてもらう事で、材料費と人件費が抑えられるからだそうです。

なるほど、沢山の量を作られているからこそできるということですね♪

広告

格安パンを販売の鈴木ベーカリーさんの弱点は?

これまで素敵なお話が続きましたが、実は鈴木ベーカリーさんにもパンを格安で販売する上での弱点があるそうです!

『本業が卸』の鈴木ベーカリーさんだからこそできる安さですが、また弱点も卸がメインあることが関わっていました。

飲食店さんなどへの、卸用の準備・配達が終わってから販売用を作るので卸の準備が終わり次第店売り用のパンを作られるので、開店時間は決められず卸の作業次第になるのだとか。

そして品ぞろえも、日によって変わるそうです。

「卸あっての小売り、本業をおろそかにする訳にはいかない。」と言いつつ、それでも小売り用に格安パンを作るのには鈴木さんの思いが詰まっていました(*´▽`*)

「住宅街で商売させてもらって、朝早くから配達で車停めて大騒ぎしている。少しでもその恩返しで。」「卸が頑張れる限り安く提供していきたいと思っている。」

卸用の準備が終わり次第、「お昼に間に合うように頑張って作る」と語られていました。

ご近所さん、常連さんの声は・・・


素敵ですね!
開店前から並ばれている地元の方々の笑顔からも、価格だけではない鈴木ベーカリーさんが地元の方から愛さる秘密が見えた気がします(#^.^#)

WBSで紹介の板橋区の格安パンの老舗パン鈴木ベーカリーの情報とまとめ

WBS(ワールドビジネスサテライト)で紹介された格安パンを販売する鈴木ベーカリーは、地元の皆さんから愛される創業60年のパン屋でした!

住所:東京都板橋区徳丸1丁目17−9
営業時間:12時頃~19時頃(日により多少の前後あり)
電話番号:03-3934-9319
定休日:土曜日・祝前日



お支払いは現金のみだそうです。

安さだけでなく、色々勉強になりました^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!