芸能人・著名人

kami(カミ)の死因は?GACKTの元バンド(マリスミゼル)ドラムは急死!

GACKT(ガクト)さんの所属していた元バンド「MALICE MIZER(マリスミゼル)」のドラム担当で急死したKami(カミ)さんに対して、GACKT(ガクト)さんが先日テレビ番組で『初告白「人生を変えた元メンバーの死」』として、kami(カミ)さんに20年間ずっと謝りたかったと語っていました。

番組内では、Kami(カミ)さんの死因について語られていませんでしたので、今回はKami(カミ)さんの死因について書いていきます。

kami(カミ)の死因は?マリスミゼルのドラムは急死していた

kami(カミ)(旧名:右狂(ウキョウ/神村右狂))さんは、GACKT(ガクト)さんが1999年まで所属していたバンド「MALICE MIZER(マリスミゼル)」のドラム担当でした。

GACKT(ガクト)さんは当時人気絶頂の中、元バンド(ビジュアル系バンド)「MALICE MIZER(マリスミゼル)」を脱退しています。

なぜ人気絶頂気に「MALICE MIZER(マリスミゼル)」を脱退していたのか、その理由についても番組内で語られていましたが、GACKT(ガクト)さんの立場からの思いとしては元メンバーとの確執が原因だったとGACKT(ガクト)さんは言っています。

kami(カミ)さんが他界されたときには、GACKT(ガクト)さんは「MALICE MIZER(マリスミゼル)」を脱退し、元メンバーと絶縁状態になって半年ほどたっていた時だったので、葬儀が終わった後で知ったと言っています。

例えば、病気などだったら、いくら絶縁状態だったとしても、どこかから噂位は入ってくるでしょう。
つまり急死だったのです。

kami(カミ)さんの死因は、くも膜下出血でした。

kami(カミ)の死因のくも膜下出血とは?

kami(カミ)さんの死因だったくも膜下出血とは、いったいどんなものなのでしょうか?

くも膜下出血とは?

脳は外側から硬膜,くも膜,軟膜で覆われており,くも膜と軟膜のすき間はくも膜下腔と呼ばれています.このくも膜下腔に出血を起こした状態がくも膜下出血です.

原因としては脳動脈の一部がふくらんでできた動脈瘤(どうみゃくりゅう)の破裂によるものが大部分です.男性より女性に多く,40歳以降に多くみられ,年齢とともに増加します.家系内に動脈瘤やくも膜下出血の方がいるときは発生頻度が高く,また高血圧,喫煙,過度の飲酒は動脈瘤破裂の可能性を数倍高くするという報告もあります.

その他,血管奇形や外傷などもくも膜下出血の原因となりえます.死亡率が高く,手術により救命できても後遺症を残す場合もあり,たいへん恐ろしい病気といえます.

引用元:https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/101.html

つまり、くも膜下出血とはわかりやすく言うと、脳の血管が破裂して出血するという事ですね。

症状としては以下のものがあげられます。

「頭を殴られたような」突然の激しい頭痛
意識が朦朧(もうろう)とする,意識を失う
嘔吐,血圧上昇
麻痺はないことが多いが,手足が麻痺したり物が二重に見えることもある

発症前に,突然の頭痛を何回か経験する方もいらっしゃいます.これは動脈瘤からの微小出血によるといわれており,前ぶれ頭痛とも呼ばれます.出血量が少ないと軽い頭痛のみで上記のような典型的な症状がなく,“風邪”と思い込んで様子をみてしまう方も中にはいらっしゃいます.

引用元:https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/101.html

上記以外にも、ストレスも関係していると言われています。
ストレスは血管を傷つけ、くも膜下出血のリスクを高めます。

kami(カミ)さんが元々、高血圧や喫煙、過度の飲酒があったかどうかは調べてみましたがわかりませんでしたが、人気絶頂期のバンドだったので不規則な生活や忙しさによる疲労やストレスなどはあったでしょう。

また、kami(カミ)さんのくも膜下出血が「発症前に,突然の頭痛を何回か経験」があったにも関わらず見逃してしまったのか、急に起きたのかどうかも不明でしたが、kami(カミ)さんは享年26歳と、本当に若くして急死されているという事。

「40歳以降に多くみられ」とありますが、20代という若さでも起こりえるという事です。

そして、発症すると死亡率が約50%と非常に高い病気です。
急な激しい頭痛や嘔吐などが起きた場合は、救急車を早急に呼んで手当を受けることが必須です。

くも膜下出血になった芸能人・有名人

kami(カミ)さん以外にもくも膜下出血になった芸能人の方がいらっしゃいます。

くも膜下出血で死去された芸能人・有名人

くも膜下出血で死去された芸能人・有名人の一部です。

  • kami(カミ)さん:MALICE MIZER(マリスミゼル)の元ドラマー/1999年6月6月21日(享年26歳)
  • 諏訪美緒さん:モデル(ギャル系ファッション誌「小悪魔ageha」や「BETTY」などで活躍)/2014年11月16日(享年23歳)
  • ハヤブサさん: プロレスラー/ 2016年(享年47歳)
  • 吉田栄勝さん:レスリング選手・指導者・吉田沙保里さんの父/2014年(享年61歳)
  • 白川澄子さん: 声優・女優(サザエさんの中島君の声など)/2015年(享年80歳)

kami(カミ)さんと同じく、諏訪美緒さんも20代という若さで亡くなっています。

くも膜下出血を克服された芸能人・有名人

くも膜下出血になったものの、初期対応により助かった芸能人・有名人では、最近だと星野源さんとKEIKOさんが有名です。

  • 星野源さん:シンガーソングライター・俳優/ 2012年12月にクモ膜下出血を発症
  • KEIKOさん: globe・小室哲哉さんの妻/2011年10月にクモ膜下出血で倒れた(高次脳機能障害の後遺症)
広告

GACKTの元バンド(マリスミゼル)ドラム・kami(カミ)の死因についてのまとめ

Kami(カミ)さんは、GACKT(ガクト)さんと「MALICE MIZER(マリスミゼル)」で元バンドメンバーとして人気絶頂の中、急死されていました。

近年では、1990年代に活躍したバンドが再結成され再度人気になっていますが、kami(カミ)さん亡くなって、もう20年になるのだなと信じられない気持ちです。

もしもkami(カミ)さんご存命だったら・・・と考えてしまいます。

Kami(カミ)さんの死因は「くも膜下出血」でしたが、実際に亡くなった有名人の方や、克服された方を知って大体どのような病気だったのかがなんとなくいイメージいただけたとか思います。

年齢に関係なく、いつでも私達も起こる可能性のある病気です。

前兆などいつもとおかしいと感じたら、初期対応で助かる可能性もあまりますので、すぐに救急車を呼ぶなどするように病気について知っておくことも大切ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!