テレビ番組

萩原流行のバイク事故死|爆報!THEフライデーで語る警察相手の裁判真相とは?

爆報!THEフライデー(7月5日放送)では、俳優の萩原流行さんの4年前のバイク事故死について、妻の萩原まゆ美さんが警察を相手に起こした裁判の真相を話します。

当時、この萩原流行さんの事故死について、様々な憶測も飛び交っていましたよね。

萩原まゆ美さんは警察の説明に関して疑問点があったことから、警察の情報操作を疑って警察を相手取った裁判をされていました。

爆報!THEフライデーで、どんなことを初告白されるのでしょうか・・・。

萩原流行のバイク死亡事故について

萩原流行さんのバイク死亡事故が起きたのは2015年4月22日でした。

東京都杉並区高円寺南の青梅街道で、萩原流行さんの乗っていたハーレーダビッドソンが転倒し病院に搬送されましたが、約1時間半後の午後7時26分に都内の病院で死亡と確認されました。

事故当時、左から車線変更してきたワンボックスカーと萩原流行さんのバイクが接触したことで転倒し、その勢いで右車線に投げ出された萩原さんが、走ってきた乗用車にひかれたとしていました。

これだけを聞くと、妻の萩原まゆ美さんはなぜ警察を相手に裁判?と思いますよね。

実は、このワンボックスカーと発表されていた車は護送車でだったのですが、当初は警察車両でという事実をを隠していて、翌日に発表されたのです!

広告

萩原流行バイク事故に関する警察への疑惑

萩原流行さんのバイク事故死に護送車が関わっていたことはわかりましたが、当初は「気付かなかった」とコメントをしていました。

ですが、萩原流行さんの乗っていたバイクは大型のハーレーダビッドソンで、護送車の右側前輪の近くにはバイクのタイヤ痕も残っていたのです。

それなのに接触したことに「気づかなかった」いうのは明らかに不自然ですし、本当にそうだとしたら逆に問題ですよね( ゚Д゚)

その後「車線変更後、ドンと何かが転倒するような音が聞こえた。バイクに当たった感覚はなかった」というコメントになっていったのです。

萩原流行バイク事故の異例の実況見分

通常事故が起こると現場検証が行われますが、この萩原流行さんのバイク事故での現場検証は7時間もかかり、50人もの捜査員が動員されていました。

1つの事故にこれだけの時間と人員が割かれることは異例だった為、警察が何かを隠ぺいしてるのではないかという声も実際に聞かれていました。

一方では、妻の萩原まゆ美さんが弁護士と共に立ち合った実況見分では、事故を起こしたと当事者とされる運転手が不在のまま行われていたのです。

さらにそれだけでなく、その実況見分では該当車両3台の位置が違っていたそうで、萩原まゆ美さんは激怒されていました。

警視庁からの賠償金申し出

萩原流行さんのバイク事故の現場の実況見分が行われた5月14日には、萩原まゆ美さんその場で警視庁と東京都の職員から賠償金について説明を受けたと、翌日15日に代理人の堀内稔久弁護士が明かしました。

賠償金は数千万円以上になる見込みで、支払いには都議会の承認が必要なため、時間がかかる可能性もあるといわれたそうです。

 事故時、萩原さんのオートバイは転倒後、警視庁の護送車と接触したとされる。萩原さんが車線変更した護送車をよけようとし、オートバイごと転倒して事故になった可能性もあり、堀内氏は「賠償金の話をしてきたということは、内々では警察側が過失を認めたということ。人の命なので、何億円にもなる可能性もある」。一方で、警察側の責任を明確にすべく「刑事、民事の両方で訴える方向で話を進めている」とした。

引用元:日刊スポーツ

萩原まゆ美さんは、この実況見分で警察への不信感が増し、真実を明らかにしたいと思ったのです。

萩原流行の死体検案書に関する不可解

更に、事故直後に警察からは萩原さんの死因を「心房破裂」と説明を受けていたものの、その2日後には監察医の作成した死体検案書では「直接死因 不詳」、「受傷から死亡までの期間 不詳」とされていたのです。

萩原さんと生前約30年の付き合いがあった顧問弁護士の堀内氏は次のように解説しているとされています。

「『死体検案書』は、監察医が遺体の検案をし、警察の報告と総合して作成する。普通は検案したその日に、監察医は死因を明記しますから、この『直接死因 不詳』『受傷から死亡までの期間 不詳』は明らかに不可解です。警察側が監察医に捜査状況をハッキリ伝えなかったため、監察医は困って『不詳』としか書けなかった可能性がある。警察としては、何らかの不都合があるから、監察医に報告しなかったのではないでしょうか」

引用元:Naver まとめ

あやしいですね(-_-)

当事者の萩原まゆ美さんでなくても、この警察の対応には不信感を持つでしょうね。

萩原流行の過去の事故とうつ病

萩原流行さんは、この2015年4月22日のバイク事故によって命を落とされてしまいましたが、過去にも数回事故を起こされていたことがありました。

2013年1月17日 
東京都杉並区の西荻北の交差点で、萩原流行さんの運転する乗用車が50代の女性の自転車と接触(女性は軽傷)

2014年2月
東京都杉並区の交差点内で、萩原流行さんが運転する乗用車が他の乗用車と接触

2014年10月25日
東京都杉並区西荻北3丁目の道路で、萩原さんが運転する乗用車が50代の男性に後ろから接触。そのまま走り去った疑い。(男性は左腕に約2週間の怪我)

翌年3月下旬に自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで書類送検される。

2015年3月23日
都内の路上で大型バイクを運転中に転倒した自損事故。(萩原さんは検査入院しましたが、頭部と右手甲を打撲する軽傷)

また、事故だけではなくうつ病うつ病に苦しんでいることを、2012年に『爆報』でも告白されていました。

広告

萩原流行についての警察側の情報操作の疑い

当時、この萩原流行さんの事故が公になると、先に書いたような萩原流行さんの過去の事故やうつ病などに関して、操作したような情報が公開されるようになっていきました。

例えば、2013年1月17日の事故では、現場検証で萩原さんは不起訴になっていますし、また、2014年10月のバイク事故に関しても証拠も不十分でした。

それにもにも関わらず、警察はこの2014年の事故について2015年4月になって「ひき逃げによる書類送検」と発表をしました。

萩原まゆ美さんは、このバイク事故の原因を、過去に事故を起こしていたことを持ち出したり、うつ病を患われていたことに注目させることで、萩原流行さんにあったようにに思わせるよかのように仕向けられているように感じられ許せなかったのです。

萩原まゆ美が警察相手に裁判へ

萩原まゆ美さんさんは「萩原流行の名誉の回復、着せられた汚名をすすぎたい」と裁判を起こされます。

努力の結果、2016年8月30日に東京簡裁は、萩原流行さんのバイク死亡事故は、護送車が安全確認不足のまま車線変更し、衝突を避けようとした萩原さんのオートバイを転倒させたことによって、後続車にはねられた為だと認められたのです!

そして運転していた高井戸署の袖崎賢訓警部補には自動車運転処罰法違反(過失致死)罪で、罰金70万円の略式命令が課されました。

萩原流行さんの運転については落ち度はなかったとし、萩原さんをひいた乗用車の運転手は書類送検をされましたが、避けるのが困難だったということから不起訴処分となっています。

2015年6月24日、萩原まゆ美さんはマスコミ各社にメールで報告し、1年以上が経って真実が公になったのです。

萩原流行の事故死に最終判決!

今年2019年3月、4年たってついに警察側がまゆ美さんに賠償金を支払うことで和解となりました。

そして、まゆ美さんが何よりもうれしかった事は「事故によって命をなくされたことに遺憾に思いますと和解条項に入れてあったこと」だと語りました。

2019年6月1日、まゆ美さんは萩原流行さんの遺骨を持って散骨するため、湘南の海を訪れていました。

最終結果がでたら、そうすると決めていたそうです。

萩原流行の事故死|警察相手の裁判真相についてのまとめ

4年前に起きた萩原流行さんのバイク事故。

62歳の若さでの名俳優の突然の死に、驚きと悲しみに包まれながらも、自ら命をたったのではないか?という憶測まで出るほどになった事故でした。

爆報!THEフライデー(7月5日放送)で、妻の萩原まゆみさんが裁判の真相を話されました。

萩原流行さんはうつ病に苦しみながらも病に向き合っておられた中での悲しい出来事でしたが、妻のまゆ美さんの努力が報われる結果に誰もが安堵した裁判だったと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

error: Content is protected !!